PR

釣割

会員登録(無料)

ログイン

盛夏の東京湾はジギングでも快釣。1m級のタチウオが乱舞!

隔週刊つり情報編集部

ルアーでも好調な東京湾のタチウオ。

ジギングはタックルがシンプルで釣り方も簡単。

ひとたび活性の高い群れに当たればだれでも釣れるとあってビギナーや女性の姿も多い。

好調な釣れっぷりの東京湾のルアータチウオの模様をお届けするため8月10日、東京湾奥木更津港の宮川丸へ向かった。

午前7時、18名のお客さんを乗せて出船、航程40分で観音崎沖のポイントに到着。

「メタルジグは120gを付けておいてください。

水深50mです。底から30m上まで探ってください」

との合図で一斉にジグが投入される。

早く着底した人から順にワンピッチジャークで誘い始めると、いきなり船中あちこちでヒット!

指幅3本サイズが次つぎと取り込まれていく。

左舷トモに並んだビギナー連れのグループは初めて見るタチウオに大はしゃぎして、「銀色に輝いてキレイですね」とまじまじと魚体を眺めている。

タチウオの活性は高い様子で、ピンク、パープル、赤金など様ざまなカラーで釣れている。

その後も船内で常にだれかが竿を曲げているような状況がしばらく続いて全員がタチウオの顔を見ることができた。

やがてアタリが遠のいた所で、5分ほど移動。

「水深68mです。底から30m上までやってみてください」とのアナウンスで再開。

ややアタリが減ったものの、今度は指幅3本半~4本半級がポツポツ釣れる展開となる。

慣れた人は速くて細かいピッチでラインをたるませないようにシャクって数をのばしていく。

一方、大きくシャクっていた方はタチウオにリーダーを噛まれてジグをロストしてしまうこともしばしばあった。

タックル、メタルジグ、リール

(左)タックルは6ft(約1.8m)前後の専用ロッドにドラグ性能の高いリールの組み合わせが人気。予備のタックルを用意しておくとラインブレイクしたときなどすぐに復帰できる(右上)メタルジグは100~150g前後、カラーはピンク、パープル、赤金などが定番(右下)タナが分かりやすいカウンター付きのリールを使っている人もいた

シマノ(SHIMANO) サーベルチューン BB B66ML

シマノ(SHIMANO) サーベルチューン BB B66ML

最安値価格
¥15,552(amazon)

Amazonへ ¥15,552

JACKALL(ジャッカル) メタルジグ ルアー アンチョビメタル タイプ3 130g タチウオパープル

JACKALL(ジャッカル) メタルジグ ルアー アンチョビメタル タイプ3 130g タチウオパープル

最安値価格
¥567(Yahoo!)

Amazonへ ¥754

楽天市場へ ¥568

Yahoo!へ ¥567

リーダー

タチウオを釣り上げたらリーダーをチェック。傷んでいたら交換しよう

釣行の様子

ヒットしたらポンピングせず、一定のテンションで巻き上げる。グリップを脇に挟んで固定するとロッドが安定して巻きやすい

1m級が連発!

釣行の様子

釣り場は観音崎~走水沖の水深65m前後

11時、走水沖の水深65mへ移動すると、たくさんの船がひしめき合っていて、本船もグルリと旋回してその船団に合流。

底から30m上までの指示ダナで再開すると、1m級のタチウオラッシュが始まった。

右舷ミヨシの髙橋さんは着底後のワンピッチジャークですぐにアタり、胴の間の佐々木晶子さんにはフォールで食ってきた。

さらに左舷大ドモの山下さんはゆったりとしたワンピッチジャークで底から20m上まで誘ったところでアタった。

釣行の様子

底から20m巻き上げたところでヒット

1m級のタチウオがヒットすると信じられないほどの強い衝撃で竿が止められ、グイグイ引き込むのだが、不意に巻きが軽くなりバラしてしまったかもしれないという不安に襲われることもあったりして、スリル満点のヤリトリを満喫していた。

中でも自己記録の103cmをキャッチした佐々木さんは、「昨年から始めて、これまで1mまであと少しのサイズは何度も釣り上げたのですが、ようやくこの壁を突破することができてうれしいです」とと微笑んでいた。

有終の美を飾ったのが当日最大となる113cm。

これを釣り上げた右舷大ドモの和田さんは、メタルジグをキャスト、着底後に20m上まで高速で斜め引きをした後、素早くクラッチを切りジグを沈めたらアタったとのこと。

「今日はこの1本で大満足です!」と、釣り上げたタチウオを大事にクーラーにしまったところで14時の沖揚がりを迎えた。

釣果は65~113cmのタチウオが4~19本とまずまず。

その後、東京湾では149cmの特大サイズがルアーで上がったり、台風10号が通過した18日以降から富津沖の水深15mの浅場で釣れ始めたりと好調。

9月以降も数、型ともに楽しめそうだ。

釣行の様子

当日最大は113cm。ヒットルアーはタチラーム120gのオレキンゼブラグローカラー

釣行の様子

(左)ゆっくりめのワンピッチショートジャークでタチウオを連発する神谷美樹さん(右)タチウオは歯が鋭く、釣り上げると暴れるので魚ばさみなどがあると便利

釣行の様子

(左上)この日は巻き上げでもフォールでもよく釣れた(右上)当日のアベレージサイズは90cm前後(左下)定番のブランカで指幅3~4本を連釣!(右下)タチウオを初めて釣り上げ破顔一笑

ドラゴン狙いに実績あり!!

宮川丸の中村船長のおすすめで、常連さんも愛用して大型を上げている実績ジグをご紹介。

(上)ジャッカルのアンチョビメタルTYPE-Ⅰ 130g(ピンク/グローストライプ)(中)ヤマリアのメタルフリッカー太刀魚SP120g(タチゴールドゼブラ)(下)ティムコのオーシャンドミネーターセンターバランス120g(宮川丸オリジナルカラー)。

いずれも同宿でも購入できる。

JACKALL(ジャッカル) メタルジグ ルアー アンチョビメタル タイプ2 130g ピンク/グローストライプ

JACKALL(ジャッカル) メタルジグ ルアー アンチョビメタル タイプ2 130g ピンク/グローストライプ

最安値価格
¥804(楽天市場)

Amazonへ ¥853

楽天市場へ ¥804

Yahoo!へ ¥804

釣り船予約サイト「釣割」のスタッフがオススメする釣り船はこちら!

宮川丸に乗ってみたい方はこちら!

【東京湾奥タチウオ船】人気ランキング

隔週刊つり情報(2019年9月15日号)※無断複製・転載禁止

船での沖釣りを中心に季節の釣り情報が満載!

隔週刊誌 つり情報

つり情報は、毎月1日と15日に発売されている隔週刊誌です。
旬の沖釣りをメインにあらゆるシーンの情報が掲載されており、初心者から経験者まで楽しめる内容でお届けしています。
釣り場や釣り船からのレポートは臨場感たっぷり!沖釣りアングラーには欠かせない釣り情報誌です。

公式HP・SNSをチェックしよう

  • つり情報公式HPへ
  • つり情報公式Facebookへ
  • つり情報公式Youtubeへ
  • つり情報公式twitterへ

公式youtubeチャンネルでは、
誌面連動動画いつでも観れます!

最新号はこちら!

「つり情報 12月15日号 No.1039」
12月1日(水)発売

つり情報 最新号はこちら

定価650円

巻頭特集
師走の泳がせ

ヒラメ

◎教えて福ちゃん!横流しのツボ

イカブリ

◎掛かりを高めるエサ付け考察

ライト青物五目

◎気軽に楽しめる泳がせニュースタイル

第2特集
アタリを出させる仕掛けの工夫
南房のシマアジ攻略
第3特集
釣れる!引く!だれでも釣れる青物
相模湾のイナダ五目

最新号はお近くの書店または釣具店でお買い求め下さい。

オトクな定期購読情報はこちら

オトクな定期購読情報はこちら

定期購読

電子書籍でも今すぐチェック

  • App Storeからつり情報公式アプリをダウンロード
  • amazon kindleでつり情報をチェック
  • dマガジンでつり情報をチェック
  • 楽天マガジンでつり情報をチェック

船釣り」カテゴリの人気記事

ジギング」カテゴリの人気記事

釣果情報・釣行記」カテゴリの人気記事

隔週刊つり情報」カテゴリの人気記事

人気記事