PR

会員登録(無料)

ログイン

多点掛けが当たり前!広野沖はメバルパラダイス

隔週刊つり情報編集部

メバルを主体にソイやアイナメ、ホウボウなど色いろな魚種が釣れるメバル五目が好調と聞き、4月10日、福島県富岡港の正栄丸を訪れた。

当日の乗船客は常連さん4名、四隅に分かれて道具を準備する。

武山正一船長にメバルの道具とエサについて伺うと、

「道具は全長3~3.6mのメバル竿にPE2~3号を巻いた小型電動リールを組み合わせたものを使います。オモリは50号です。仕掛けはメバル用フラッシャーサビキでハリ数は4~8本ですが、初心者は4本がおすすめです。

サビキだけでもメバルは釣れますが付けエサがあったほうが食いがいいので、皆さんサバの切り身エサを持参しています。

また、メバル仕掛けの下にヒラメ仕掛けを連結させ、持参した中型の冷凍イワシを付けるとメバルのほかにソイなども釣れますよ。常連の皆さんはこの仕掛けで楽しんでいます」と船長。

準備が整ったところで5時過ぎに出船。

15分ほどで広野沖のポイントに到着。

「水深は30mです。やってみてください。20~25mに反応があります」との合図でスタート。

釣行の写真

釣り場ば広野沖の水深30m前後。

釣行の写真

(上)仕掛けが絡まっていないのを確認し、船下にオモリを投入する。(下) タックルは全長3~3.6m前後のメバル竿にPE2~3号を巻いた小型電動の組み合わせ。

釣行の写真

メバルが掛かったら一定の速度でゆっくり巻き上げる。

いきなり入れ食い

釣り方について教えてもらうと、「仕掛けが着底したら底から1mくらいオモリを持ち上げて、ゆっくり竿を上下に動かして誘って待ちます。アタリがきてもすぐに巻き上げないで追い食いを狙うのが数をのばすコツです」

1投目から左ミヨシの若狭さんにアタリ。

追い食いさせてから巻き上げて、6本バリ仕掛けをたぐるとズラズラとメバルが上がってきて5点掛けを披露してくれた。

続いて竿を曲げたのは右ミヨシの佐藤さん。こちらも30cm級の5点掛けだ。

その後、2人は入れ食いとなり、30cm級の多点掛けを連発して足元のオケがメバルで埋まっていく。

魚影の濃さはもちろん、なにより驚いたのがメバルの大きさ。

どれも30cmはある。

このサイズばかりそろう釣り場はそうないだろう。

事前に船長から、「大きいメバルがたくさん釣れていますよ」と話を聞いていたのだが、私の想像をはるかに超えていた。

トモの2人の様子を見に行くと、右トモの影山さんに強いアタリ。

慎重に巻き上げて上がってきたのは、一番下のヒラメ仕掛けにハリ掛かりした45cm級のクロソイ。

続いて左トモの木田さんの竿が海面に突き刺さる。

佐藤さんがタモを持って駆け寄り、取り込まれたのは40cm級のマゾイ(キツネメバル)。

こちらもヒラメ仕掛けに付けた中型の冷凍イワシに食ってきた。

釣行の写真

(左)冷凍イワシにソイが食ってきた。(右)仕掛けが絡まらないよう気を付けて抜き上げよう。

釣行の写真

(左)35~40cm級のマゾイ(キツネメバル)もたくさん釣れた。(右)強烈な引きで上がってきたのは45cm級のクロソイ。

付けエサの種類で勝負

日が高くなるとメバルの食いも落ち着き、アタリが遠くなってきた。

左ミヨシの若狭さんは持参した小型の冷凍イワシ、冷凍キビナゴ、アオイソメをクーラーから取り出し、食いのいいエサを探すという。 

6本バリにサバの身と交互になるよう上から2番目に小型の冷凍イワシ、4番目に冷凍キビナゴ、そして6番目にアオイソメを2~3匹付け、一番下のヒラメ仕掛けに中型の冷凍イワシを付けて投入した。

するとすぐにアタリ。

追い食いを待ってから巻き上げると、サバの切り身と小型の冷凍イワシにメバル、アオイソメにはホウボウが食っていた。

次の投入ではサバの切り身と小型の冷凍イワシを交互に付けて、6本バリにメバルがパーフェクト、さらにヒラメ仕掛けの冷凍イワシにマゾイが食ってきた。

「色いろな付けエサを用意しておき、メバルの食いがいいエサを使うことで数をのばせます」と若狭さん。

その後、メバルの食いが立ってくると、右トモの佐藤さんは全部のハリにサバの切り身を付けた8本バリ仕掛けにパーフェクトでメバルを食わせ、さらにヒラメ仕掛けの冷凍イワシにもメバルが食って9点掛けを達成。

やがて皆さんのクーラーも満タンになり、12時の沖揚がりを迎えた。

釣果は30cm前後のメバルがトップ75尾。

ほかマゾイ、クロソイ、ホウボウ、カナガシラ、ウスメバル、アイナメ、サバ、ムシガレイ、セイゴが交じりなんとも賑やか。

当地のメバル五目は5月いっぱいまで楽しめるとのこと。

東京から4時間弱で、メバルパラダイスが待ってます!

釣行の写真

右ミヨシの佐藤さん(左)が当日最多となる9点掛けを達成。

釣行の写真

(左)メタルジグは鉛やタングステン製で80~120gを使用。(真ん中)船長の許可があればルアー釣りもOK。 (左)アイナメも交じった。

釣行の写真

メバルのアベレージは30cm。メバルの釣期は5月いっぱい。

知っ得!常連さんに聞きました「おすすめの付けエサは?」

釣行の写真

30cm級がこれだけ釣れるエリアもそうはない

当日、常連さんが持参していた付けエサは、メバル用にサバの切り身、小型の冷凍イワシ、冷凍キビナゴ、シラウオ、ホタルイカ、アオイソメ、ソイ用に中型の冷凍イワシ。

とくにメバルは食いのいいエサを見付けることが数釣りにつながるとのことなので、色いろ試してみたい。

釣り餌の写真

(上)付けエサは持参。(下)エサ付け例。シラウオやアオイソメはハリに2~3匹付けてボリュームを出す。

Tackle Guide

竿の長さに合わせて仕掛けを選ぶと使いやすい。

全長3mなら6本バリ、全長3.6mなら8本バリが最適。

また中通しタイプの竿は仕掛けなどが絡まりにくいのでおすすめ。

FIVE STAR/ファイブスター 瞬刹メバル 300 しゅんせつメバル メバルロッド スパイラルガイド 船竿 船メバル

FIVE STAR/ファイブスター 瞬刹メバル 300 しゅんせつメバル メバルロッド スパイラルガイド 船竿 船メバル

最安値価格
¥13,200(amazon)

Amazonへ ¥13,200

Yahoo!へ ¥13,200

釣り船予約サイト「釣割」のスタッフがオススメする釣り船はこちら!

【福岡県メバル船】人気ランキング

【隔週刊つり情報(2021年5月15日号)※無断複製・転載禁止】

船での沖釣りを中心に季節の釣り情報が満載!

隔週刊誌 つり情報

つり情報は、毎月1日と15日に発売されている隔週刊誌です。
旬の沖釣りをメインにあらゆるシーンの情報が掲載されており、初心者から経験者まで楽しめる内容でお届けしています。
釣り場や釣り船からのレポートは臨場感たっぷり!沖釣りアングラーには欠かせない釣り情報誌です。

公式HP・SNSをチェックしよう

  • つり情報公式HPへ
  • つり情報公式Facebookへ
  • つり情報公式Youtubeへ
  • つり情報公式twitterへ

公式youtubeチャンネルでは、
誌面連動動画いつでも観れます!

最新号はこちら!

「つり情報 6月1日号 No.1050」
5月13日(金)発売

つり情報 最新号はこちら

定価690円

巻頭特集
東京湾の初夏を遊ぶ
穴子と白鱚
第2特集
銭洲遠征カンパチ祭り
第3特集
雨でも快適!楽らくフィッシング
用途別
レインウエアの選び方
特別企画
第8回沖釣り川柳大賞

最新号はお近くの書店または釣具店でお買い求め下さい。

オトクな定期購読情報はこちら

オトクな定期購読情報はこちら

定期購読

電子書籍でも今すぐチェック

  • App Storeからつり情報公式アプリをダウンロード
  • amazon kindleでつり情報をチェック
  • dマガジンでつり情報をチェック
  • 楽天マガジンでつり情報をチェック

船釣り」カテゴリの人気記事

釣果情報・釣行記」カテゴリの人気記事

隔週刊つり情報」カテゴリの人気記事

人気記事