PR

会員登録(無料)

ログイン

赤いマダイと金ぴか大ダイ!落とし込みでドーンと吉兆!

隔週刊つり情報編集部

「お久しぶりです」

12月10日の朝5時過ぎ、湘南片瀬港・萬司郎丸の受付で声をかけてきたのは、キハダやマダイ釣りの取材で数回お世話になった常連の五島さんだった。

2年ぶりの再会を喜びながらごあいさつして、心の中でガッツポーズ。

これまで五島さんと同船した取材は、すべてうまくいっているからだ。

「おはようございます」

幸運の神に続いて到着したのは早野さん。

オオニベ調査企画で料理作りの協力をあおいだ二宮駅前の料理店「うおぴの」のご主人で、無類の釣り好き。

今回もお正月向けのマダイ料理を引き受けてくださった。

さらに萬司郎丸に長年通うマダイの名手、野口さんも駆けつけ、計8名で朝6時に出船。

同宿の基本仕掛けはFL~Lサイズ80号のコマセカゴ、ハリスは3~4号を全長6~8m。

タナは底からハリス分プラス2mを基準に、上下に食いダナを探っていく。

北村匡司船長によると最近は江ノ島沖の水深70mと水深95mの2カ所を流し、数こそ出ないが2~5kgが上がっているという。

まずは水深70mのポイントで開始。

コマセが効いてくると全員の竿がゴンゴン曲がり、1.5kgクラスのイナダがドカスカ上がり始める。

各自10本近く釣ってもイナダの勢いは衰えず、マダイが食いつく暇もない。

そして9時過ぎ、船長は水深95mのポイントへ移動を決めた。

ワラサかと思いきや黄金のマダイが!

この深場で、ようやく1.5kgのマダイが浮上。

釣り上げたのは右舷ミヨシの五島さんで、やっぱり頼りになる人だ。

続いて背中合わせの野口さんのロッドも曲がって、長いヤリトリが始まった。

「たぶんワラサでしょう」とご本人は言うが、海面下に見えてきた魚体は銀でもなく、赤でもなく、黄色・・・?

「タイだよこれ!金色だ!」

デッキに横たわる魚体が陽射しを浴びると全身のウロコが金色に輝く。

しかも6kgジャストの大ダイ。

めったに見られない色素変異のマダイだ。

釣行の写真

ファイト中はワラサと勘違い!?

釣行の写真

宝くじよりアタる確率は低いだろう黄金鯛を釣り上げた野口さん。

落とし込みは効く!

これはご利益があるだろうと魚体をナデながら、お二人に詳しい釣り方を聞くと、そろって「タナの2m上から落とし込んだ」とのこと。

「反応は出てるけど、食わないなぁ・・・って船長がアナウンスしてたでしょ。そういうときはマダイが真下にいるから、付けエサをスッと落とし込むと反応することがありますね」

そう語る五島さんはリール前方から50cm刻みで道糸を引き出し、1秒間隔の早いテンポでスッ、スッと落とし込んでいた。

一方の野口さんは頭上まで竿先を上げ、ジワジワと下ろしていくスタイルだ。

仕掛けは二人とも全長6mのテーパー式。

モトス5号4m、ハリス4号2m、接続はサイズ5番前後のスイベルを使用している。

釣行の写真

ベテランの五島さんが落とし込みのコツを教えてくれた。

五島さんのアドバイスを実践!結果は?

話を聞いて自分の釣り座(左舷胴の間)に戻ったころにはアタリが遠のき、11時ごろ水深70mのポイントへUターン。

朝方いたイナダは消えて、マダイと向き合える状況に変わっていた。

五島さんを真似して基準タナの2m上からスッ、スッと落とし込む。

実験的にハリの30cm上に6Bのガン玉を打ってハリスを垂直に張ってみたが、効果のほどはどうだろうか。

ガン玉を打った狙いは?この記事でチェック!

5~7分手返しで釣り続け、ほぼ毎回落とし込みを繰り返していると、1m落としたところでグッ、ズン。

上がってきたのは2.7kgの美しいマダイ。

このお昼前後が時合だったようで、隣の早野さんともう1名も1kg級を食わせ、そのまま13時過ぎに沖揚がり。

船中5枚と数こそのびなかったが1~6kgのサイズがそろって黄金鯛のおまけ付きとは、やはり五島さんとは相性がいいようだ。

釣行の写真

マダイ料理をかって出てくれた早野さんに、きれいな1kg。

釣り好きシェフ・早野さん直伝のマダイ料理はこの記事でチェック!

釣り船予約サイト「釣割」のスタッフがオススメする釣り船はこちら!

萬司郎丸に乗船してみたい方はこちら!

【相模湾(神奈川県)マダイ船】人気ランキング

【相模湾(神奈川県)マダイ船】価格ランキング

【隔週刊つり情報(2021年1月15日号)※無断複製・転載禁止】

船での沖釣りを中心に季節の釣り情報が満載!

隔週刊誌 つり情報

つり情報は、毎月1日と15日に発売されている隔週刊誌です。
旬の沖釣りをメインにあらゆるシーンの情報が掲載されており、初心者から経験者まで楽しめる内容でお届けしています。
釣り場や釣り船からのレポートは臨場感たっぷり!沖釣りアングラーには欠かせない釣り情報誌です。

公式HP・SNSをチェックしよう

  • つり情報公式HPへ
  • つり情報公式Facebookへ
  • つり情報公式Youtubeへ
  • つり情報公式twitterへ

公式youtubeチャンネルでは、
誌面連動動画いつでも観れます!

最新号はこちら!

「つり情報 6月1日号 No.1050」
5月13日(金)発売

つり情報 最新号はこちら

定価690円

巻頭特集
東京湾の初夏を遊ぶ
穴子と白鱚
第2特集
銭洲遠征カンパチ祭り
第3特集
雨でも快適!楽らくフィッシング
用途別
レインウエアの選び方
特別企画
第8回沖釣り川柳大賞

最新号はお近くの書店または釣具店でお買い求め下さい。

オトクな定期購読情報はこちら

オトクな定期購読情報はこちら

定期購読

電子書籍でも今すぐチェック

  • App Storeからつり情報公式アプリをダウンロード
  • amazon kindleでつり情報をチェック
  • dマガジンでつり情報をチェック
  • 楽天マガジンでつり情報をチェック

船釣り」カテゴリの人気記事

落とし込み」カテゴリの人気記事

釣果情報・釣行記」カテゴリの人気記事

隔週刊つり情報」カテゴリの人気記事

人気記事