PR

会員登録(無料)

ログイン

[仕掛け作りがサクサク進む!結びの秘訣(第114回)]スミイカテンヤの作り方②

隔週刊つり情報編集部

「握り糸」を使うスミイカテンヤの作り方の工程は、オモリの取り付けから掛けバリの取り付けと進む。

竹の台に握り糸を使って巻き止める方法は共通するが、2本の掛けバリの開き具合に気を配ることが大切になる。

掛けバリに角度を付けるには、竹の台の側面を削るが、竹を素材としているからこそ微妙な調節が可能になる。

オモリの取り付け方はこの記事でチェック

2本の掛けバリを均等に開くには

竹の台の側面を削りわずかに角度を付ける

スミイカテンヤは、自作すればオモリの号数や形、あるいは着色を自由に選択できる。

その選択だけでも色いろとこだわることができるが、スミイカの掛かり具合を左右する掛けバリの取り付けは、どんなパターンを作るにせよ、おろそかにはできない大切な作業になる。

掛けバリを3本とするパターンもあるが、基本は2本で、その開き具合にこだわるファンが多い。

開き具合の目安は、掛けバリの間に人差し指を入れたときに、掛けバリの曲がりと台までの中間ほどで指が挟まる程度。

角度にすると台から引いた垂線から10~15度ほどの微妙な開きになる。

開きすぎていると掛かりが悪くなるとするベテランは多いが、まったく開かせないと掛けバリ間が狭すぎて具合が悪い。

掛けバリを思う角度に取り付けるには、あらかじめ竹の台に掛けバリを沿わせる左右の側面を、わずかに削って角度を付けておく。

竹の台を正面から見て上底より下底が狭い等脚台形に削るのだが、いっぺんに角度を決めようとせず、角度を確認しながら少しずつ削るのがコツだ。

この作業は小刀を使うとやりやすい。

刃を一度に深く入れず、刃を立てながら表面を少しずつこそげ取るように削る。

素材の台が竹であるからこそ、こうした微妙な角度を付ける作業ができるわけだ。

掛けバリの角度が決まったら、瞬間接着剤で仮止めをし、握り糸(極細)を使って台にしっかりと巻き止める。

巻き止める手順は、前回取り上げたオモリの取り付けと同じで、巻き始めに余り糸を10cmほど取っておき、最後に本線を引き込むループとして使う(工程⑫~⑬)。

本線と余り糸をカットし端を焼き固めたら、握り糸全体に液状の瞬間接着剤を染み込ませて固めれば、掛けバリの取り付けは完了。

ここでテンヤを平らな所に置いたとき、オモリと台の角度が掛けバリ側が付くか付かないか程度になっていればいい。

台はオモリのステンレス棒に巻き止めてあるため、後からでも角度の微調節が効く。

竹の台にオモリと掛けバリを取り付けたら、後はシャコを刺す串を取り付けるだけだが、オモリや台に着色する作業は、串を取り付ける前のほうがやりやすい。

着色作業は、塗料に全体をいっぺんに漬ける「ドブ漬け」といわれる方法と、刷毛で数回に分けて重ね塗りをする方法があり、後者のほうが時間はかかるがきれいに仕上がる。

次回は着色と串の取り付け作業を取り上げたい。

釣り具の写真

(左)掛けバリの角度は台の側面を削って付ける。(右)台に掛けバリを沿わせ、削る長さの目安を台に付けておく。

釣り具の写真

(左上)巻き止め部分に本線を引き込むループは余り糸で作る。(左下)握り糸は瞬間接着剤がきれいに染み込むので固めやすい。(右)オモリと台の角度は掛けバリを取り付けてから微調節する。

竹の台と掛けバリの取り付け

①掛けバリを取り付ける側の台の断面は長方形になっている。

②取り付けた掛けバリが少し開くように削る。

③掛けバリを輪ゴムなどで固定して、均等に少しだけ開いているかを確認する。

④1本の掛けバリを台の削った側面に当てる。

⑤掛けバリと台の間に液状の瞬間接着剤をほんの少量染み込ませて仮止めする。

⑥掛けバリが台の側面の幅の中央にくるように止める。

⑦もう1本の掛けバリを同じように仮止めする。

⑧2本の掛けバリを仮止めした状態。

⑨握り糸(極細)を台の裏の端から5mmくらいのところに添える。余り糸は10cm以上取っておく。

⑩余り糸をしっかり押さえながら台と掛けバリを巻き止める。

⑪余り糸も一緒にしっかりと密に巻いていく。

⑫掛けバリ部分まで巻き止め、さらに5~6回台を巻いたら、余り糸を折り曲げて巻きループを作る。

⑬さらに5回ほど巻き止め、本線をカットしてループに通し余り糸を引いてループを絞る。

⑭ループを引き抜いたら、5mmほど残してカットし、残りをあぶって固める。

⑮最後に瞬間接着剤を握り糸に染み込ませて固める。

⑯これで竹の台へのオモリと掛けバリの取り付けが完成。

釣り船予約サイト「釣割」のスタッフがオススメする釣り船はこちら!

【関東スミイカ船】人気ランキング

【関東スミイカ船】価格ランキング

【隔週刊つり情報(2020年1月15日号)※無断複製・転載禁止】

船での沖釣りを中心に季節の釣り情報が満載!

隔週刊誌 つり情報

つり情報は、毎月1日と15日に発売されている隔週刊誌です。
旬の沖釣りをメインにあらゆるシーンの情報が掲載されており、初心者から経験者まで楽しめる内容でお届けしています。
釣り場や釣り船からのレポートは臨場感たっぷり!沖釣りアングラーには欠かせない釣り情報誌です。

公式HP・SNSをチェックしよう

  • つり情報公式HPへ
  • つり情報公式Facebookへ
  • つり情報公式Youtubeへ
  • つり情報公式twitterへ

公式youtubeチャンネルでは、
誌面連動動画いつでも観れます!

最新号はこちら!

「つり情報 6月1日号 No.1050」
5月13日(金)発売

つり情報 最新号はこちら

定価690円

巻頭特集
東京湾の初夏を遊ぶ
穴子と白鱚
第2特集
銭洲遠征カンパチ祭り
第3特集
雨でも快適!楽らくフィッシング
用途別
レインウエアの選び方
特別企画
第8回沖釣り川柳大賞

最新号はお近くの書店または釣具店でお買い求め下さい。

オトクな定期購読情報はこちら

オトクな定期購読情報はこちら

定期購読

電子書籍でも今すぐチェック

  • App Storeからつり情報公式アプリをダウンロード
  • amazon kindleでつり情報をチェック
  • dマガジンでつり情報をチェック
  • 楽天マガジンでつり情報をチェック

船釣り」カテゴリの人気記事

仕掛け」カテゴリの人気記事

隔週刊つり情報」カテゴリの人気記事

人気記事