PR

会員登録(無料)

ログイン

午後船でゆったり、まったり真鶴半島福浦で尺ハギと遊ぶ

隔週刊つり情報編集部

釣行の写真

真鶴半島の自然美に癒やされながらカワハギと戯れる。

11月22日、正午過ぎ。

ポカポカと暖かい堤防で船長を待っていると、ついウトウトしてしまった。

人の気配で目を覚ますと、8名がぞろぞろと集まってきた。

その中の一人、高橋稔船長が乗船を促す。

4名ずつ左右に分かれて釣り座に入ると、13時に第三よしひさ丸は出船した。

夕マヅメを狙って出船

この日の取材釣行は相模湾福浦港・よしひさ丸の午後カワハギ。

この時期、夕マヅメに尺ハギが入れ食いになるともっぱらの評判だ。
 
13時10分には早くもスローダウン。

そしてその1分後、船長が開始をアナウンスする。

「はい、どうぞ。水深は、ちょっと深めで42mあります」

私を除く7名が仕掛けを投入する。

船の後方には、真鶴半島先端の観光名所、三ツ石が見える。

ほのぼのとした日差しと風光明媚な景色に、ふたたび眠気が襲ってくる。

しかし、右2番の油谷さんがビシッと合わせ、いきなり現実の世界に引き戻された。

油谷さんが船中最初の20cm級を抜き上げる。

この撮影を終えて舳先に戻ると、今度は左2番の高橋真須美さんがリールを巻き始めた。

さらに油谷さんが2枚目。

いずれも20cm級だ。

続けて左ミヨシの高橋雄二さんが15cm級を釣り、これにカメラを向けていると、フレームの中で後ろにいる真須美さんが20cm級のカワハギを抜き上げた。

こんなペースで釣れるのかと期待を膨らませていると、左トモの鈴木さんがリールを巻き始める。

だが、これはメイチダイ。

このゲストの写真を撮っていると、油谷さんが3枚目となる15cmのカワハギを手にした。

釣行の写真

(左)ポイントは景勝地「三ツ石」の周辺にも点在。(右)小型で15cmほど。

釣り具の写真

カワハギは市販仕掛けも豊富。使用オモリは25号。

強風に苦戦

ここまで開始から約1時間半。

その後も鈴木さんに小ぶりのカワハギ、右トモの竹本さんに15cm、油谷さんも4枚目を釣るが、このころから風が吹き始め、同時にアタリが遠のいていく。

船長は船を風裏となる真鶴半島の東側へと移動させた。

ここで雄二さんと左3番の加藤さんにそれぞれ20cm級が釣れるが、やはりアタリは遠い。

船長は再び船を真鶴半島の西側へと戻す。

しかし強い風に道糸があおられて釣りにくい。

西の空に雨雲が広がり、周囲は薄暗くなってきた。

そして16時。

船長は福浦沖の魚礁の上に船を乗せた。

ここが、尺ハギの入れ食いポイントとのことだ。

私も竿に集中する。

しかし、船上でアタリはなく、たまに顔を見せるのは、メイチダイとキタマクラ。

そこで、思考を巡らせてみた。

この日に釣れたカワハギは、どれも3本バリ仕掛けの真ん中のハリか下バリに釣れてきた。

だとすると、おそらくカワハギはそれほど浮いていない。

印象に残っているのは、真須美さんが釣ったカワハギが砂だらけだったことだ。

残された時間はあまりない。

そこで、底狙いに的を絞ることにした。

バッグからガン玉1号を取り出し幹糸の上部に付ける。

仕掛けをキャストしても潮に押されて戻ってきてしまうので、船下に仕掛けを下ろしてたるませた。
だが、それでもエサは取られない。

周囲が暗くなったので、おそらく海中も薄暗いはずだ。

そう考え、仕掛けの上に、ささめ針のピカタコ集寄を付けた。

夜光タコベイトに期待だ。

その直後から、付けエサが頻繁に取られるようになった。

期待を膨らませながら、たるませては張ってを繰り返していると、カカカン!と金属的なアタリ。

すかさず合わせを入れ、リールを巻いた。

金属的な引きは続き、重量感に胸が躍る。

ここは尺ハギが釣れるポイントなのだ!と抜き上げたカワハギは26cm。

尺には届かなかったが、この日の最大だった。

釣行の写真

(左)左胴の間の加藤さんが肝パンの23cmを釣る。(右)筆者が釣った当日最大26cm。

水温が下がれば・・・

その後、船上灯が灯されて、17時に納竿がアナウンスされた。

この日の釣果は油谷さんがトップで4枚。

数的には物足りない結果だが、アタリを取って合わせる釣りなので、やはり道糸をあおる風が痛かった。

また、バケツにくんだ海水に手を入れてみると、まだまだずいぶんと温かく感じられた。

海中もおそらく水温が高く、そのためまだカワハギが固まって群れてはいない、そんな感じは否めなかった。

高橋船長も当日は、ここのところ福浦沖のカワハギは「元気がない」、「散らばっている」、「浮いてこない」と嘆いていた。

しかし、高い実績を誇る当地の尺ハギはこれからが本番だ。

水温が下がって魚礁周りに固まってくれば、期待どおりの釣りを堪能できるはずだ。

「今日、最後にやった魚礁周りにカワハギがまとまってくると、夕マヅメくらいの時間帯になれば、30分ぐらい入れ食いタイムになって、尺前後が一人で10枚くらい平気で釣れちゃうんですよ。そのうち水温も下がってきますから、そうなったら今年も楽しめまるはず。期待して遊びに来てください」

そのときが待ち遠しいかのように、船長は最後にそう話てくれた。

福浦沖の尺ハギにこうご期待!

釣行の写真

(左)ベテランの油谷さんが連発。(右)高橋雄二さんも奥さまに負けじと良型ゲット。

知っ得!夜光の集寄が効く!

本文にも記したが、ささめ針の「実船アスリート・カワハギ ピカタコ集寄」はオススメだ。

エサが取られることすらなかったときに、このピカタコ集寄を仕掛けの上に付けると、必ずと言っていいほどエサが取られるようになり、当日最大のカワハギを釣ることができた。

夜光タコベイトのピカタコ集寄は、夕マヅメを狙うカワハギ釣りで効果的だ。

釣り具の写真

カラーは夜光シルバーとピンクシルバーの2色。

TACKLE GUIDE

アタリに合わせてもなかなかハリ掛かりしない場合は、ハリ先が鈍っている可能性大。

自動ハリス止め付きビーズ仕様の仕掛けは枝スの交換も簡単。

ハリス付きのハリを持参してまめに交換しよう。

フジワラ(FUJIWARA) ゴムコートガン玉 1 黒

フジワラ(FUJIWARA) ゴムコートガン玉 1 黒

最安値価格
¥245(楽天市場)

Amazonへ ¥270

楽天市場へ ¥245

Yahoo!へ 取扱なし

フジワラ(FUJIWARA) カリスマ六宝SP 25号 ケミブライト

フジワラ(FUJIWARA) カリスマ六宝SP 25号 ケミブライト

最安値価格
¥421(Yahoo!)

Amazonへ ¥594

楽天市場へ ¥460

Yahoo!へ ¥421

釣り船予約サイト「釣割」のスタッフがオススメする釣り船はこちら!

【相模湾(神奈川県)カワハギ船】人気ランキング

【相模湾(神奈川県)カワハギ船】価格ランキング

【隔週刊つり情報(2021年1月1日号)※無断複製・転載禁止】

船での沖釣りを中心に季節の釣り情報が満載!

隔週刊誌 つり情報

つり情報は、毎月1日と15日に発売されている隔週刊誌です。
旬の沖釣りをメインにあらゆるシーンの情報が掲載されており、初心者から経験者まで楽しめる内容でお届けしています。
釣り場や釣り船からのレポートは臨場感たっぷり!沖釣りアングラーには欠かせない釣り情報誌です。

公式HP・SNSをチェックしよう

  • つり情報公式HPへ
  • つり情報公式Facebookへ
  • つり情報公式Youtubeへ
  • つり情報公式twitterへ

公式youtubeチャンネルでは、
誌面連動動画いつでも観れます!

最新号はこちら!

「つり情報 7月1日号 No.1052」
6月15日(水)発売

つり情報 最新号はこちら

定価690円

巻頭特集
解禁&開幕の3ターゲット
梅雨のトレンド

イサキ

剣崎流ライトタックル仕掛けのツボ

ヒラメ

夏場の生きエサの扱いと捨て糸長の謎

餌木タコ

根掛かりの外し方と乗る餌木カラーに迫る

第2特集
外房のご当地釣法カモシ釣りで狙う
ヒラマサ&マダイ
第3特集
日立沖のイシナギ
特別企画
第8回沖釣り川柳大賞

最新号はお近くの書店または釣具店でお買い求め下さい。

オトクな定期購読情報はこちら

オトクな定期購読情報はこちら

定期購読

電子書籍でも今すぐチェック

  • App Storeからつり情報公式アプリをダウンロード
  • amazon kindleでつり情報をチェック
  • dマガジンでつり情報をチェック
  • 楽天マガジンでつり情報をチェック

船釣り」カテゴリの人気記事

釣果情報・釣行記」カテゴリの人気記事

隔週刊つり情報」カテゴリの人気記事

人気記事