PR

釣割

会員登録(無料)

ログイン

カワハギゲームエアーK新発売!カワハギ狙いの船釣り専用ベイトロッド

船釣りマガジン 編集部

船釣りでカワハギをターゲットにするための専用ロッドが、プロックスから新発売されました。

その名は、カワハギゲームエアーK。

いったいどんなスペックに仕上がっているのか、詳しくご紹介しましょう。

カワハギの船釣りは、日本各地でおこなわれていて、専用の乗合船が仕立てられています。

船長さんやガイドスタッフさんの指示を的確に聞きながら、肝パン状態のカワハギを釣り上げてみませんか?

カワハギゲームエアーKってどんなロッドなの?

カワハギゲームエアーKとは、プロックスから新しくリリースされた、カワハギ船釣り専用のベイトロッドのことです。

センターカット方式の2ピース仕様になっていて、仕舞寸法は94cmですから、デッキへの持ち込みやクルマへの積み込みはカンタンにおこなえます。

2機種用意されているので、ひとつずつチェックしてみましょう。

カワハギゲームエアーK・180Mのほうは、全長が1.80mです。

ウエイトは94gと軽くて、ブランクスはMパワー。

先径/元径は1.1/10.2mmと細めで、錘負荷は15号から35号に設定されています。

ブランクスのカーボン素材含有率は、97%です。

カワハギゲームエアーK・180MHのほうは、全長が同じく1.80mです。

ウエイトは95gと軽くて、ブランクスはMHパワー。

先径/元径は1.2/12.2mmと細めで、錘負荷は20号から40号と高めの設定になっています。

ブランクスのカーボン素材含有率は、97%です。

ガイドシステムには、Fuji工業製のKガイドをセレクト。

元ガイドには、ダブルフットタイプのKガイドを持ってきて、とても強度が上げられています。

ロッドティップにかけては、シングルフットタイプのKガイドを多点配置しているので、糸絡みなどのライントラブルを効率よく防いでくれるでしょう。

PEラインを道糸に使うケースでは、ロッドブランクスにラインがまとわり付きやすいので、ガイドを通る際に引き離す効果が求められます。

ガイドも同じようにラインをまとわり付かせていては、トラブル乱発で釣りづらくなってしまいますから、オールKガイドセッティングを採用してくれているのは、ありがたいことです。

2機種ともに、タルマセ=はわせ釣りに適していますし、聞きアワセや叩き釣りなどを展開するのも容易でしょう。

オレンジカラーのグラスソリッドティップを搭載したカワハギゲームエアーK!

カワハギゲームエアーKには、オレンジカラーに着色されたグラス素材のソリッドティップが採用されています。

これにより、カワハギからの微細なアタリも、目で見て判断しやすいメリットが生まれます。

すなわち、目感度に優れていて、鋭く曲がって食い込みにも対処できるでしょう。

ブランクスは、9対1の先調子に仕上がっています。

ロッドティップに動きが出始めたら、しっかり集中して次の大きな変化をとらえられるようになりましょう。

手感度抜群のFuji-ACSリールシートを採用!

カワハギゲームエアーKのグリップ周りにも注目してみましょう。

高感度なカーボンブランクスSSS=センシティブセンサーシャフトを設置していて、ブランクスをタッチできるFuji-ACSリールシートを組み合わせています。

これならカワハギから伝わってくる微細なアタリも、的確にとらえてフッキングに持ち込めるでしょう。

いきなり付けエサを飲み込んでしまうような、楽な展開はカワハギ船釣りの場合は望めませんから、じっくりと発生しているアタリに向き合いたいものです。

握りやすいグリップやリールシートは、とても高いアドバンテージをもたらしてくれるでしょう。

カワハギゲームエアーKにマッチしそうなおすすめのベイトリールを選んでみた!

それではカワハギゲームエアーKにマッチして操作性の高まりそうな、おすすめのベイトリールを取り上げてみましょう。

ロッドのウエイトが軽いので、それに載せるベイトリールも軽めのほうが、フッキングレスポンスが上がるはずです。

ラインキャパに注意しながら、水深をカバーできるものを選べば扱いやすいでしょう。

ハンドルにもこだわりを持って、素早く巻き取り対応可能なものを見つけたいものです。

ダイワ(DAIWA) 両軸リール 20 ADMIRA A 100XH (2020モデル)

ダイワ(DAIWA) 両軸リール 20 ADMIRA A 100XH (2020モデル)

最安値価格
¥21,483(amazon)

Amazonへ ¥21,483

楽天市場へ ¥21,945

Yahoo!へ ¥21,483

ダイワからリリースされている船釣り専用のベイトリール、アドミラAシリーズです。

アルミ素材を用いたフルメタルボディなで、強い負荷が掛かっても対応しやすくなっています。

ギア比は8.1対1に設定されていて、ハンドル1巻きにつき76cmのラインを巻き取ることができるようになっています。

最大ドラグ力は4.5kgですから、カワハギならしっかり引っ張り上げられるでしょう。

自重は160gとかなり軽めなので、長時間の船釣りでも手首・ヒジ・肩などに負担はかかりにくいです。

ラインキャパは、PEラインなら0.8号を250m巻けます。

スプールの直径は30mmです。

ボールベアリングは、5個搭載しています。

実際に手にしてみると、とても軽くて扱いやすい印象です。

手のひらの中にすっぽり収まりますし、ハンドル回転もスムーズなので、巻き取りをテンポよくこなえます。

ダイワオリジナルのTWSを搭載していますから、ライン放出の際にトラブルが発生しづらいのがありがたいです。

ハンドルノブはEVA製ですから、濡れた指でもしっかりとつまむことができ、滑りにくいでしょう。

実売価格は2万円台と、とてもリーズナブルな価格帯に設定されています。

釣り座の前方へアンダーハンドキャストするのもカンタンですし、バックラッシュを抑えた釣り方を展開できるので、カワハギが釣れるチャンスもアップするはずです。

アルミ素材でフレーム・サイドプレート・セットプレートを固めていますから、滑らかな回転を維持することが可能です。

巻き上げの際の微細なバイトをとらえる際に、大きなメリットになるでしょう。

プロックス リール バルトムBC-S2 VBCS2L63D

プロックス リール バルトムBC-S2 VBCS2L63D

最安値価格
¥5,150(Yahoo!)

Amazonへ ¥5,836

楽天市場へ ¥5,200

Yahoo!へ ¥5,150

プロックスから発売中の、ソルトウォーターゲームに活用可能なベイトリールです。

コスバはかなり優秀なので、カワハギをターゲットにした船釣りにも対応できるでしょう。

ラインキャパは、PEラインなら1.5号を150m巻けます。

ギア比は6.3対1なので、ハンドル1回転につき67cmのラインを巻き取ることができるようになっています。

ウエイトは180gと軽めで、ボールベアリング数は4個搭載しています。

最大ドラグ力は5.5kgに設定されていて、ロープロファイルデザインです。

しっかりと手のひらでパーミングしながら、ロッドの操作をおこなえるでしょう。

実際に手に取ってみると、とてもコンパクトで操作性の高いモデルに仕上がっている印象です。

ブレーキシステムはマグネット=磁力で制御されていて、ベイトリールにありがちなバックラッシュを抑え込んでくれます。

ハンドルノブはEVAを採用、滑りにくくて安定したリトリーブを実践できます。

実売価格は5千円台と、とても低価格な設定に抑えられています。

これなら家族の人数分のリールを揃えるのも、検討しやすいでしょう。

カラーバリエーションは2種類用意されていて、グレーフレームとレッドフレームから選んでください。

カワハギゲームエアーKを使いこなして数多くのカワハギを釣り上げよう!

カワハギゲームエアーKの特徴やスペック、マッチしそうなおすすめのベイトリールを取り上げてみましたが、いかがでしたか?

メーカー希望販売価格は、9,980円です。

カワハギ釣りの乗合船を予約する際に、用意しておくべきタックルなどを船長さんから聞いておくようにしましょう。

初心者の人にも、丁寧に詳しく教えてくれるので、指示にしたがって準備を進めてください。

カワハギの関連記事はこちら

船釣り」カテゴリの人気記事

ロッド」カテゴリの人気記事

人気記事