PR

釣割

会員登録(無料)

ログイン

タイラバ初心者が知っておきたい釣り方のコツ!おすすめタックルもチェック

船釣りマガジン 編集部

船釣りのターゲットとして人気が高いのが、マダイです。

近年ではタイラバゲームで大型マダイを狙うのが、ひとつのブームとなっています。

ここでは、タイラバゲームの特徴や釣り方のコツについて、初心者アングラーにも分かりやすくご紹介しましょう。

おすすめのロッドやリールも、併せてチェックします。

タイラバゲームってどんな釣り方なの?

タイラバゲームとは、専用の仕掛け・タイラバを海中に落とし込んで、マダイを誘って釣り上げるアプローチのことです。

ヘッドパーツがオモリとなり、それに連なるスカートやネクタイを海底まで引き連れていきます。

底に着いたらそのままにせず、リールクラッチをつないで等速で巻き上げるのがコツ。

素早く巻き上げたり、巻くのを止める必要はありません。

ひたすら等速でリールハンドルを回すことで、スカートやネクタイがよくなびいて、誘いの要素が高まるでしょう。

しかも等速による無防備な感じが、マダイの捕食本能にスイッチを入れて、しっかりと食い上げてくれます。

具体的に、どのようにマダイを誘えばいいのかご説明しましょう。

まずは、タイラバゲームを実践しているガイド船を予約します。

用意するタイラバの重さを指示してもらい、効果のあるカラーも聞いておきしょう。

釣り当日、乗船して沖合いのポイントへ到着。

指定のタイラバをラインに結んで、バーチカルに真下へ落とし込んでいきます。

タックルは、キャスティングをしないのであれば、ベイトタックルがおすすめ。

リールのクラッチを切れば、タイラバ仕掛けが真っ直ぐ落ちていき、底に到着します。

その瞬間、張り詰めていたラインのテンションがフワリと緩みますから、見逃さないようにしてください。

すみやかにリールハンドルを回してクラッチをオン。

そのまま等速で巻き上げていきます。

巻き上げるスピードは、ローギアモデルのベイトリールなら、普通のリズムで巻き上げてかまいません。

ちょっと早いかな?と感じる程度でも、マダイをじゅうぶん誘えるでしょう。

人の心拍数は個々に違いますが、心拍の刻むリズムに巻くリズムが同調しやすいかもしれません。

スローに巻いているつもりでも、心拍に似通っていくケースがあるので、それに抗わずに巻いてみてください。

タイラバゲームでマダイのアタリをとらえよう!

タイラバをただ巻きして引き上げていると、急に引っ張られたような違和感を感じることがあります。

これがマダイのバイトだと考えてください。

底から何回リールハンドルを回したときに発生したか覚えておいて、次にタイラバを着底させたときに再現してみるといいでしょう。

つまり、5回巻いたところで違和感を感じたのなら、もう一度5回巻いてみて変化を感じ取るようにします。

8回を過ぎても何も感じなければ、リールクラッチを切って、再度底までタイラバを落としてください。

この繰り返しをしながら、マダイのアタリをとらえるようにしましょう。

液晶パネルで水深をチェックしながらタイラバゲームを組み立てよう!

タイラバゲームに用いるタックルは、ベイトロッドにベイトリールが一般的です。

バーチカルな方向にタイラバを動かして誘うので、アタリを取りやすいからです。

特に落とし込みの最中に食い付いてきたとき、ラインの変化をとらえやすく、フッキングに持ち込むのも楽になります。

ベイトリールには、液晶パネルの付いたものがリリースされていて、水深を推し量ることができます。

マダイが泳いでいる層を想定できるので、再現性の高い釣りを実践することが可能です。

タイラバゲームのコツをレクチャーしている動画はこちら

タイラバゲームを楽しむのにおすすめのタックルを選んでみた!

タイラバゲームを初心者アングラーが楽しむのに適した、おすすめのタックルをご紹介しましょう。

ロッドは、タイラバ専用のベイトロッドが、各メーカーからリリースされています。

軽くてよく曲がり込み、大きな負荷にも耐えられるブランクスのものを選びました。

ガイドは、PEラインが絡まりにくいKカイドなどのシステムを組み込んだものがいいでしょう。

タイゲーム TZ SPIRAL LTD C68ML

タイゲーム TZ SPIRAL LTD C68ML

最安値価格
¥36,894(Yahoo!)

Amazonへ ¥39,242

楽天市場へ ¥37,840

Yahoo!へ ¥36,894

テイルウォークからリリースされている、タイラバゲーム用のベイトロッドです。

全長は6.8ftで、継数は2本ですがバットジョイント方式を採用しています。

なので通常の2ピース仕様よりも仕舞寸法が157cmと長めになっているので注意してください。

自重は135gとやや軽めで、適合するタイラバのウエイトは、最大で180gです。

潮が早く流れているような深場を、150g程度のタイラバで攻めるのに向いているでしょう。

適合するPEラインは、0.8号程度がベターです。

ブランクスがMLパワーなので、トップセクションにもパワーがあり、フッキング効率も良好です。

いわゆる速掛けが狙えるように作られています。

マダイのアベレージサイズが大きなな釣り場や、青物がよく掛かるような釣り場で効果を発揮するでしょう。

実際に手に取ってみると、グリップエンドまでが長めで、ブランクスを水平に保持してただ巻きするのに便利な印象です。

曲がり込みがとてもしなやかで、なおかつブランクスに一定以上のバワーがありますから、フッキングしてからランディングに至るまでを、とてもスムーズに実践できます。

実売価格は3万円台と、ハイスペックに見合った価格帯に設定されています。

フルソリッドブランクスで、スパイラルガイドセッテイングになっているのか特徴的です。

ドテラ流しのアプローチにも使えるので、底まで落とし込んで地形変化を感じ取りながら、大型マダイのアタリを待ってみましょう。

テイルウォーク TAIGAME DGN 63 中

テイルウォーク TAIGAME DGN 63 中

最安値価格
¥13,660(Yahoo!)

Amazonへ ¥14,410

楽天市場へ ¥14,014

Yahoo!へ ¥13,660

タイラバゲーム専用のベイトリールも、テイルウォークブランドからリリースされています。

デジタルカウンター付きなので、さまざまな情報をゲットしながら、マダイを追い込んでいける仕様に作られています。

ギヤ比は6.3対1ですから、ハンドル1巻きで73cmのラインを巻き取ることができるようになっているのが嬉しいです。

ボールベアリングは5個搭載されていて、自重は270gです。

最大ドラグ力は5.5kgもありますから、フルロックしてマダイとやり取りできるでしょう。

スプールにはナロースプールを採用していて、ノイズの少ないスムーズな落とし込みを可能にしています。

落とし込みを素早くおこないたいときに、頼りになるはずです。

実際にパーミングしてみると、手のひらにすっぽり収まってくれて、安定感があるのがメリットです。

ロッド操作を軽快にしてくれますし、表示データを見ながらのただ巻きもやりやすいでしょう。

実売価格は1万円台と、とてもコスパ優秀な価格帯に収まっています。

ブラックカラーに配色されているので、さまざまなロッドにマッチしそうです。

長さ100mmもあるカーボン製ダブルハンドルは、力強く巻き取ることを可能にしてくれます。

中型サイズのEVAノブが付いていて、スッポ抜けを防ぎつつ大型マダイを引き上げられるでしょう。

マダイ以外にも、青物やロックフィッシュも狙えますし、メタルジグに換えればライトジギングを実践するのにも使えます。

タイラバゲームの基本をマスターして船釣りを楽しもう!

タイラバゲームの特徴や釣り方、おすすめのタックルをご紹介しましたが、いかがでしたか?

専用ロッドに関しては、1万円前後からラインナップしているメーカーもあり、オールラウンドに使えそうなものを最初の1本に選ぶのもありでしょう。

乗合船やガイド船を予約して、大型マダイを釣りに沖へ向かいましょう!

タイラバの関連記事はこちら

船釣り」カテゴリの人気記事

タイラバ」カテゴリの人気記事

人気記事