PR

釣割

会員登録(無料)

ログイン

【沖釣りカレッジ】ヨッシーのSLJ体験会

隔週刊つり情報編集部

そもそもSLJって何?タックルとジグは?

みなさんこんにちは、吉岡進です!

そもそもSLJって何かと言われると、とくに決まってはいなくて、軽いメタルジグを使って、なんでも釣っちゃおう、っていう釣りです。

釣り方もシンプルで、落としてシャクる、または巻くだけでいい。

オートマチックで掛かってくれる釣りです。

ですから、ケガだけに気を付けて、皆さん自由に楽しんでくれればいいんです。

また、SLJは専門船のほかにも、各地のテンヤマダイの船などでも楽しめます。

船長さんに確認して、どんどん試してみてください。

竿は硬・軟で迷ったらどっち?

タックルは30~80gのメタルジグに対応した竿であればOKです。

専用竿は1.8mほどでキャストしやすく、竿先がしなやかでジグが跳ねず、リアグリップが長くてヤリトリしやすいのが特徴。

専用竿以外では、テンヤ竿やタイラバロッドが流用できますが、気を付けてほしいのが硬すぎるとジグが跳ねすぎてアクションが悪くなったり、ハリ掛かりしづらくなること。

もし、硬い竿と軟らかい竿で迷ったら、軟らかいほうを選んでください。

スピニングとベイト、どっち?

どちらでもOKです。

それぞれの長所としては、スピニングは軽いジグをキャストして広く探ることができ、ベイトは重めのジグでも快適に巻けて、底ダチを取りやすいこと。

両方持って行って、そのつど、使いやすいほうを選ぶのがベストです。

根周りを狙うこともあるうえ、青物もヒットしてくるので、道糸はPE1~1.2号がおすすめ。

リーダーはフロロカーボン4号前後で、長さは2ヒロ。

根ズレを防止するためにも、リーダーが少し長い分には構いません。

釣行の写真

(左)ベイトタックルとスピニングタックル。どちらも長所がある。(中)テンヤ竿でも楽しめます。(右)リアグリップが短いと想像以上に手首が疲れるので要チェック項目。

JACKALL(ジャッカル) Go Seaward GSW-S68XSUL-ST

JACKALL(ジャッカル) Go Seaward GSW-S68XSUL-ST

最安値価格
¥15,960(Yahoo!)

Amazonへ ¥16,037

楽天市場へ ¥16,121

Yahoo!へ ¥15,960

JACKALL(ジャッカル) Go Seaward GSW-C68SUL

JACKALL(ジャッカル) Go Seaward GSW-C68SUL

最安値価格
¥16,262(Yahoo!)

Amazonへ ¥18,480

楽天市場へ ¥16,632

Yahoo!へ ¥16,262

シマノ(SHIMANO) スピニングリール ソルトウォーター ツインパワー XD 2021 C3000XG ショアジギング ショアキャスティング シーバス

シマノ(SHIMANO) スピニングリール ソルトウォーター ツインパワー XD 2021 C3000XG ショアジギング ショアキャスティング シーバス

最安値価格
¥10,491(Yahoo!)

Amazonへ ¥36,196

楽天市場へ ¥37,000

Yahoo!へ ¥10,491

肝心カナメのメタルジグ

メタルジグは30~60g。

具体的には30、45、60gの3種のほか、速潮用に80gを持っていれば大丈夫です。

ジグの取り付けは、僕はリーダーにスイベルを結んでおき、ジグに付けたスプリットリングで接続します。

そのとき必ず必要になるのが、先の曲がったスプリットリングプライヤー。

ルアーでは必ず使いますので、必ずジグと一緒に買っておきましょう。

ジグの形状による違いは?

メタルジグは幅広タイプと、細長いタイプに分けられます。

幅広タイプはジグの動きによって生じる波動が大きく、アピール力が強いので、魚が近くにいないな・・・と思ったときや、近くに寄せたいときなどに使い、やる気のある魚を呼んで、飛び付かせます。

でも逆に、食い気がないときなどに動かしすぎると、波動が強すぎて嫌われる場合もあります。

一方、細長いタイプはシルエットも波動も小さく、食わせ系と言えます。

アピール力はそれほどありませんが、魚の目の前に落ちれば、かなりの確率で食ってくると思って使います。

ジグの取り付け

釣り具の写真

①スプリットリングを先の曲がったプライヤーで広げて。

釣り具の写真

②スイベルを入れる③セット完了。慣れると早い。

SLJのメタルジグ

釣り具の写真

写真のジグ(バンブルズTG、ラスパティーンTG、ビンビンメタルTG)はいずれもタングステン製で、鉛に比べ小さい体積で作られている (左下)鉛製ながらシルエットが小さく、沈みの早いフラッグトラップ。

JACKALL(ジャッカル) バンブルズジグ TG SLJ 60g アカキン/マグマウェーブホロ

JACKALL(ジャッカル) バンブルズジグ TG SLJ 60g アカキン/マグマウェーブホロ

最安値価格
¥1,875(Yahoo!)

Amazonへ ¥1,964

楽天市場へ ¥1,914

Yahoo!へ ¥1,875

JACKALL(ジャッカル) メタルジグ ラスパティーン TG 70mm 60g グリキン/ボーダーホロ ルアー

JACKALL(ジャッカル) メタルジグ ラスパティーン TG 70mm 60g グリキン/ボーダーホロ ルアー

最安値価格
¥1,638(amazon)

Amazonへ ¥1,638

楽天市場へ ¥1,683

Yahoo!へ ¥1,681

JACKALL(ジャッカル) メタルジグ ビンビンメタルTG タイプスロー 60g レッドゴールド

JACKALL(ジャッカル) メタルジグ ビンビンメタルTG タイプスロー 60g レッドゴールド

最安値価格
¥1,964(楽天市場)

Amazonへ ¥2,025

楽天市場へ ¥1,964

Yahoo!へ ¥1,964

ジグのカラーをどう考える?

朝や夕マヅメ、濁り潮など、海中が暗いときにはアピール系やグロー、金などの派手なカラー、澄み潮時には、ブルーやシルバーなど、ナチュラル系というのが一般的です。

また、たとえばベイトの反応を狙っているときはベイトそっくりの色のジグを使いたくなるかもしれません。

もちろんそれも正解かもしれませんが、魚にとってはベイトと見分けにくかったり、または興味を引かれないかもしれません。

僕はベイト狙いであれば、あえて派手な色を使って、魚に「あれ!?」と思わせるようにします。

ちなみに、安定している人気カラーは緑/金、赤/金。

もちろんジャッカル製品にもラインナップされています。

ジグのフックは2カ所必要?

エサを頭から丸飲みする青物狙いでしたらフロントフックだけでいいのですが、ヒラメやカサゴ、ハタ、マダイなど、様ざまな魚を想定するのがSLJです。

これらの魚は、背後から捕食したり、横からくわえたり、色いろな捕食パターンがありますから、フロント、リア両方にフックを付けたほうがアタリ、フッキング率ともによくなります。

フックのサイズは色いろありますが、気を付けてほしいのが、フックがジグを抱くように絡まないこと。

最初のうちは分からないと思いますから、フックがセットされている商品を購入してみるといいと思います。

ちなみに、ジャッカル製品はフックバランスを取って、フック付きの状態で販売されていますので、ぜひ参考にしてください。

また、フック選びで大、小で迷ったら、僕は大、太め、を選びます(掛かった魚をバラしたくないため)。

もし、周りの人が掛けていて自分に掛からないようなら、小さく、細くしてフッキング率を上げていきます。

シャクリはだれでもできるようになる!

ここからは実釣です。

初めての人やジギングが苦手という人から聞くのが、シャクリがうまくできないということ。

でも、いいんですよ、できなくても。

SLJは竿を上げ下げしているだけでも、巻くだけでも釣れますから、とりあえず始めてみてください。

シャクリ、いわゆるジャークがうまくできないときは、まず、竿を上げるときは竿だけ動かすように意識します。

そして、竿を下ろすときにだけ、リールのハンドルを巻きます。

多少ギクシャクしていても、いいんです。

その幅を変えるだけで、色んなパターンで誘えるようになります。

ジャーク(シャクリ)はだれでもできる!

その誘いパターンは?

①リフト&フォール 
これは一つテンヤなどと同じ。ヒラメやカサゴ、アマダイやホウボウなど、底層の魚にアピールします。船下狙いになりますが、船が流れていれば新たなポイントにルアーが入ります。

②ワンピッチジャーク 
最もオーソドックスなシャクリで、万能です。

③ショートピッチジャーク 
竿の振り幅を小さく、ハンドルの巻きを少なくして、小刻みにジグを動かします。狭い範囲でより多くジグを動かして、ネチネチ誘うときに有効です。

④スローまたはロングジャーク 
これは①に巻きを加えたもので、上下にアピールしながら、徐々に上へ誘います。ヒラメやハタ狙いなどに有効です。

釣行の写真

上げて、巻いて・・・いきなりカンパチがヒット!

釣れるかどうかは食わせの間で決まる!

これはむしろジャークに自信がある人のほうが見落としがちかもしれません。

ジグがずっと動いていると、案外、魚が食わなかったり、フッキングしなかったりします。

魚がジグを食ってくるのは、ジグが横を向いたとき。その瞬間が「食わせの間」です。

ジグを横に向けて、食わせの間を作るにはどうしたらいいかと言うと、シャクリ上げた竿を、一瞬、止めること。

竿先がチョンと跳ねて、ピタッと止まる、その瞬間にジグが横を向いて、バイトを誘います。

これは決して難しいテクニックではなく、ウイリーシャクリや、テンビンタチウオの誘い(ノーテンションフリーフォール)と同じです。

つまり、竿を動かし続けるのではなく、シャクった瞬間に「止め」を入れる、それが「食わせの間」を作ることになります。

食わせの間は、シャクるたびに入れるほか、数回に1度の割合で入れるのもアリ。

ショートピッチでスピーディーに5~6回誘ってピタッと止めてフワフワさせる、そして再びショートピッチ、そんな間の取り方も有効です。

釣行の写真

(左)小刻みなジャークでも必ず一瞬、竿先が止まるヨッシーの誘い。(右)しっかりシャクって止め、食わせの間を作る。 つい力が入ってしまうので竿先にラインが絡まぬように注意。

釣れるカギは「食わせの間」にあり!

海の中を想像できるとSLJはもっと釣れる!

慣れてきたら、スピニングタックルで投げて、広い範囲を探りましょう。

船下狙いでは縦でしか誘えなかったのが、キャストすると横方向にも誘えて、魚と出会えるチャンスも増えます。

キャストすると道糸が斜めになるので、自分のルアーが海底からどのあたりを泳いでいるのか分からなくなります。

そんなときは、10m巻いて落としたとき、何m道糸が出て再着底するかを数えます。
 
10m巻いて落として、2mで着底したら、かなり底近くを漂っていたことになります。

もう少し上まで探りたいと思ったら、次は少し多めに巻いたり、ジグを軽くします。

逆に思ったより浮いていたなら、ジグを重くしたり、巻く回数を少なくします。

これは船の流れる向きや潮によって変わりますので、毎回、意識して数えてみるといいでしょう。

ターゲットを釣り分けられる?

できます。

ジグの種類やアクションなどで可能ですが、最もシンプルな考え方が、底から5mはヒラメやハタ、カサゴなど底物狙いで小刻みに誘い、5~10mは青物や回遊魚を意識して早く、または大きくシャクってくる方法です。

鹿島沖は底付近ではヒラメやホウボウ、それ以上ではカンパチやイナダが掛かりました。

まさに、このパターンで、色んな魚を釣るわけです。

また、フォールも大切ですから、ジグはこまめに回収して、再投入することを忘れないでください。

とはいえ、釣り方は自由です。

ぜひ、肩肘張らずに、気軽にSLJを楽しんでくださいね!

再着底の距離から自分が狙っているタナを知る

ターゲットを釣り分けられる?

釣行の写真

(左)キャストは竿の半分ほどラインを出した状態から、振り子の原理でアンダーハンドキャスト 。(右)キャストして底スレスレを誘ってヒラメをキャッチ。

釣行の写真

(左上)船中ファーストヒットは渡辺さん。(左下)フラッグトラップでヒラメをヒットさせた小島さん。(右上)ルアーへの反応がいいホウボウはこの釣りの常連魚。(右下)底から10mまで探ると青物のヒット率も上がります。

釣り船予約サイト「釣割」のスタッフがオススメする釣り船はこちら!

植田丸に乗船してみたい方はこちら!

【茨城県】人気ランキング

【茨城県】価格ランキング

【隔週刊つり情報(2020年12月15日号)※無断複製・転載禁止】

船での沖釣りを中心に季節の釣り情報が満載!

隔週刊誌 つり情報

つり情報は、毎月1日と15日に発売されている隔週刊誌です。
旬の沖釣りをメインにあらゆるシーンの情報が掲載されており、初心者から経験者まで楽しめる内容でお届けしています。
釣り場や釣り船からのレポートは臨場感たっぷり!沖釣りアングラーには欠かせない釣り情報誌です。

公式HP・SNSをチェックしよう

  • つり情報公式HPへ
  • つり情報公式Facebookへ
  • つり情報公式Youtubeへ
  • つり情報公式twitterへ

公式youtubeチャンネルでは、
誌面連動動画いつでも観れます!

最新号はこちら!

「つり情報 2月1日号 No.1042」
1月15日(土)発売

つり情報 最新号はこちら

定価650円

巻頭特集
初釣り 虎の巻
  • マダイ
  • アマダイ
  • ヒラメ
  • マコガレイ
  • タチウオ
第2特集
鈴木孝がシンプル解説!
冬のマルイカ講座
第3特集
今こそ見直す面白さ
テンヤスミイカ

最新号はお近くの書店または釣具店でお買い求め下さい。

オトクな定期購読情報はこちら

オトクな定期購読情報はこちら

定期購読

電子書籍でも今すぐチェック

  • App Storeからつり情報公式アプリをダウンロード
  • amazon kindleでつり情報をチェック
  • dマガジンでつり情報をチェック
  • 楽天マガジンでつり情報をチェック

船釣り」カテゴリの人気記事

釣り方」カテゴリの人気記事

隔週刊つり情報」カテゴリの人気記事

人気記事