PR

釣割

会員登録(無料)

ログイン

大潮回りはやはりチャンス!?東京湾のタイラバは今後も有望

隔週刊つり情報編集部

やっているようでやってないタイラバ。

やってないようでやっているタイラバ。

個人的には年に1~2回、取材で出かけるくらいなので、あまり深い知識はない。

前ページまでの解説も、そんな初心者に毛が生えた程度の自分目線で解説したつもりだが、ご理解いただけただろうか。

釣り人の写真

この日釣れた4枚のマダイ、ヒットしたタイラバはすべてバラバラだった

タイラバの攻略法はこの記事で紹介しています!

時合のワンチャンに良型浮上

今回釣行したのは三浦半島走水港の政信丸。

10月16日、4人のお客さんとともに午前7時に出船となる。

この日は新月の大潮初日。

干潮が10時半ごろだから、前半は下げ潮、後半は上げ潮になる。

果たして時合はいつごろくるのだろうか。

港を出ると北東の風が強く海は悪いが心配していた雨はなさそう。

釣り場まで近いのも走水出船のいいところで、7時15分には開始の合図が出た。

ポイントは本船航路寄りの真沖で、水深は50mほど。

宙層にベイトの反応も出ており、下から10mは探るようにと船長のアナウンス。

海も悪いしとりあえずマダイの写真を収めることが最優先と船内の様子をうかがっていると、15分ほどして左トモの方にヒット。

800g弱のマダイを釣り上げる。

聞くと10mくらい巻いたらアタってきたという。

そのヤリトリ中、右前の方にもヒットしたようだが、こちらは残念ながら高切れでバラシ。

その後は船酔いで戦線離脱となってしまった。

続いて右トモの方にヒットして、同じく800g級をゲット。

こちらは巻き上げ直後にアタってきたそうだ。

これはどう見ても今が時合。

すると今度は右胴の間の人にヒット。

先のお二人とは竿の引き込まれ方が全く違い、型はよさそう。

1カ月ほど前には5㎏級を釣っているというからヤリトリは安心して見ていられた。

船長が差し出すタモに無事入ったのは後検量2.8㎏の良型。

底から5mほど巻いたところでアタってきたという。

ちなみに3枚のマダイがヒットしたタイラバは色や形、サイズはバラバラ。

魚に食い気があれば、なんでもOKなの!?

ともあれ、これにて最低限の取材レベルをクリアし一安心。

この勢いでもう少し数をのばしたかったが、その後はパッタリアタリが遠くなってしまう。

意外に時合、短かったなあ。

一息ついたところで自分も80gオレンジのタイラバを下ろしてみると、しばらくしてアタリ。

も、これはハリ掛かりせず。

そのまま落として探り直そうとすると、船長が一度回収してチェックしたほうがいいと言う。

上げてみると、確かにハリがひっくり返ってタイラバの上に絡んでいた。

下げ止まり前のプチ時合なのか、9時半ごろに左トモの人が良型のホウボウをゲット。

続いて自分が2.2㎏のイナダ。

これは10m以上巻いたところで食ってきた。

そして下げ止まりとなった10時半、右トモの人が小型のホウボウを上げたのに続き、自分に400g級のマダイ。

こりゃもうダメだとボーッとして無心で巻いているときにヒットしたので、どこでアタったかはよく覚えていない。

上げ潮に変わった昼過ぎ、二枚潮になってきたためタイラバを重くしたほうがいいと船長がアドバイス。

皆さんに聞くと120gにしたと言うので自分も右へならえ。

しかしその後は船中アタリがなく、もはやこれまでか・・・。

しかしタイラバは最後まで諦めない粘りと根性?が大切。

沖揚がりの14時直前に自分にヒット! 

も、巻き上げ中にバラシ。

こんなところで切れるんかいな? 

という不可解なハリス切れで幕切れとなった。

この日上がったマダイは船中5人で4枚。

一人の方は船酔いしてからずっと竿を出していなかったので、ほぼ全員が型を見られたことになるからまずまずだろう。

政信丸では大潮回り以外でも、希望があればタイラバで出船してくれる。

潮が流れずポイントを広く探れない分やや不利になることもあるかもしれないが、潮回りを優先して釣行できる人ばかりでもない。

タイラバファンにはうれしい船宿だ。

ハリスの写真

とりあえずリーダーの結び目で切れなくてよかったけど・・・

釣り船予約サイト「釣割」のスタッフがオススメする釣り船はこちら!

政信丸に乗船してみたい方はこちら!

【三浦半島(神奈川県)マダイ船】人気ランキング

【三浦半島(神奈川県)マダイ船】価格ランキング

隔週刊つり情報(2020年11月15日号)※無断複製・転載禁止

船での沖釣りを中心に季節の釣り情報が満載!

隔週刊誌 つり情報

つり情報は、毎月1日と15日に発売されている隔週刊誌です。
旬の沖釣りをメインにあらゆるシーンの情報が掲載されており、初心者から経験者まで楽しめる内容でお届けしています。
釣り場や釣り船からのレポートは臨場感たっぷり!沖釣りアングラーには欠かせない釣り情報誌です。

公式HP・SNSをチェックしよう

  • つり情報公式HPへ
  • つり情報公式Facebookへ
  • つり情報公式Youtubeへ
  • つり情報公式twitterへ

公式youtubeチャンネルでは、
誌面連動動画いつでも観れます!

最新号はこちら!

「つり情報 12月15日号 No.1039」
12月1日(水)発売

つり情報 最新号はこちら

定価650円

巻頭特集
師走の泳がせ

ヒラメ

◎教えて福ちゃん!横流しのツボ

イカブリ

◎掛かりを高めるエサ付け考察

ライト青物五目

◎気軽に楽しめる泳がせニュースタイル

第2特集
アタリを出させる仕掛けの工夫
南房のシマアジ攻略
第3特集
釣れる!引く!だれでも釣れる青物
相模湾のイナダ五目

最新号はお近くの書店または釣具店でお買い求め下さい。

オトクな定期購読情報はこちら

オトクな定期購読情報はこちら

定期購読

電子書籍でも今すぐチェック

  • App Storeからつり情報公式アプリをダウンロード
  • amazon kindleでつり情報をチェック
  • dマガジンでつり情報をチェック
  • 楽天マガジンでつり情報をチェック

船釣り」カテゴリの人気記事

タイラバ」カテゴリの人気記事

釣果情報・釣行記」カテゴリの人気記事

隔週刊つり情報」カテゴリの人気記事

人気記事