PR

釣割

会員登録(無料)

ログイン

秋の主役はイナダ&カンパチ!相模湾のウィリー五目好調

隔週刊つり情報編集部

皆さん、ウイリー仕掛けのシャクリ釣りをご存じだろうか?
 
竿をシャクってウイリーバリを躍らせて魚に食わせる釣り方だ。

ウイリーバリは擬餌バリなので、動いていなければ魚の目から見れば単なる海中を漂う異物にしか映らない。

要は様ざまなパターンのシャクリ方を駆使して、いかにウイリーバリに生を吹き込むかがこの釣りのキモであり面白さでもある。

そんなウイリーシャクリの老舗船宿の一軒が、周年ウイリー五目を看板に掲げる相模湾腰越港の喜久丸。

同船のホームページをご覧いただくと、ウイリーシャクリについての要点が詳しくまとめられているので一度ご覧いただきたい。

釣行の写真

当日は港前の腰越沖、水深20~40m前後を狙った。

釣り具の図

全長3m前後のウイ リー3本バリが標準。食い渋ったときは、先バリが空バリのタイプの仕掛けを使い、先バリにオキアミを付けるのもあり。しかしエサ取りの多い場合や活性の高いときは、すべてウイリーバリの仕掛けが釣りやすい。

餌の写真

コマセカゴはFLサイズでオモリ60号、ウイリー3~4本バリ仕掛けが標準。先バリが空バリのタイプはオキアミを付ける。

ヤマシタ(YAMASHITA) ライトテンビン 1.2mm 30cm

ヤマシタ(YAMASHITA) ライトテンビン 1.2mm 30cm

最安値価格
¥395(楽天市場)

Amazonへ ¥495

楽天市場へ ¥395

Yahoo!へ ¥395

サニー商事(SANY) ニュ-サニービシ 60号 FL BP

サニー商事(SANY) ニュ-サニービシ 60号 FL BP

最安値価格
¥1,850(楽天市場)

Amazonへ ¥2,353

楽天市場へ ¥1,850

Yahoo!へ ¥1,850

イナダラッシュ!

9月5日、釣友と喜久丸へ。

ウイリー五目船は季節によってメインとなる魚がアジであったりイシダイやハナダイであったりするのだが、秋は青物のイナダが主役。

当日の乗船者は17名で、準備が整った6時半に出船となった。

高橋船長に近況を伺ったところ、「いい日はイナダを40本以上釣った人もいましたが、今日はシケ後で底をもまれているので、どうなるかなぁー?」と心配そうなコメント。

真沖のポイントに10分もせずに到着、「水深は20m。海面から15m付近を中心に10mまでの範囲を探ってください」と高橋船長から合図が出た。

ここの海底はツブ根が広がっており、様ざまな小魚が集まっているので、それを狙ってイナダが回遊してくるのだろう。

開始早々、ヒットさせたのは左ミヨシ2番の松崎さん。

引きにイナダの荒あらしさがなかったので何かと思っていると、釣れ上がったのは24cmのカワハギだった。

ほどなく右トモ2番の長谷川さんがヤリトリを開始。

グイグイ巻き上げ、抜き上げたのは42cmのイナダ。

左ミヨシ3番の竹中さんも後に続く。

青物の強い引きを楽しみながら40cmのイナダを上げ、カメラに向かって満面の笑みを見せてくれた。

「俺にもきたよ!」と声をかけてきたのは右ミヨシの釣友の塙くん。

イナダの突っ込みに、おっ、おっ!と声を上げながら取り込んだのは38cm級。

右トモに目を移せば、常連の相馬さんがグングン巻き上げエイヤッ!とばかりに45cm級を抜き上げた。

「もう歳なのでイナダ釣りは疲れますよ」と言いながらも毎週のように喜久丸に通い詰めているらしい。

相馬さんにヒットゾーンを聞くと、海面下17mからシャクリ始めて12m付近でヒットしたとのこと。

船内ではイナダのほかカサゴやイサキ、アジなどが上がってにぎやか。

船長が心配したほど底荒れの影響はなさそうだ。

釣行の写真

イナダは30~40cm級がメイン

釣行の写真

良型のカワハギも釣れた

女性陣が大活躍!

右ミヨシ2番から並んでいる女性2名と男性3名の若者グループはアタリが遠く苦戦していた。

話を聞くと皆さん会社の同僚で、全員沖釣り初挑戦とのこと。

そこで、このグループのアシスト役を買って出ることにした。

私のアドバイスが功を奏したのか、今尾舞子さんにイナダがヒット!

キャーキャーとパニック状態の彼女に「頑張れ、頑張れ」と仲間が声援を送り、無事40cmのイナダを取り込むことができた。

今尾さんは続けて同級を釣り上げ、同じグループの宮本咲紅さんも見事に42cmを上げて女性陣が気を吐く。

左トモ側では、女性2名と男性2名のグループがイナダの引きを楽しんでいた。

こちらのメンバーは沖釣り経験者ばかりだったのだが、ここでもやはり女性陣が活躍しており、大井美貴子さんや小見操さんが次つぎにイナダを上げて手際よく血抜きをしている。

そんな光景を目にして、右手の腱鞘炎で釣りを控えようと思っていた私のアングラー魂に火がついてしまった。

撮影がひと段落したところで左ミヨシの釣り座に戻り、仕掛けを投入。

チャチャッとシャクリ上げ、海面下13m付近でモゾッとした魚信に合わせを入れるとフッキング。

右手の痛みをこらえながら巻き上げ、40cmのイナダを取り込む。

ここまでアタリが遠かった男性がイナダを釣り上げて全員顔を見た。

10時過ぎ、「別のターゲットも釣りましょう」と高橋船長が告げ、15分ほど移動した水深40mラインで第2ラウンドが開始された。

タナは底から10~15mの範囲で、ここは30cmほどのアジが主役のポイント。

ほかにイサキやサバなどが随所で顔を出して船上が盛り上がる。

「これもイナダですか?」と尋ねてきたのは5人グループで乗船していた男性の胡さん。

見てみると頭部に八の字のラインがあり、「この魚はカンパチ、おいしい魚ですよ」と教えるとうれしそうに笑顔を見せてくれた。

ここで各自10尾ほどのアジなどを確保したところで、「お土産はできたようなので、残り1時間またイナダを狙いに行きましょう」と船長が告げ、11時半に朝のポイントに戻る。

そして各自数本のイナダを釣り上げたところで沖揚がりの12時半を迎えた。

当日はイナダが1~13本と控えめだったが、その後は復調しクーラー満タンで早揚がりになる日も出ている。

手軽に青物の引きを楽しめる相模湾のウイリー五目に出かけてみてはいががだろう。

釣行の写真

ウイリー五目は女性にも人気。

釣行の写真

40~50cm級のカンパチも釣れている。

釣行の写真

アジは25~30cm級の食べごろサイズがそろった。

釣行の写真

イナダはブリの若魚。親ゆずりの力強い引きが楽しめる。

船長に聞きました。ウイリー五目釣りのコツは?

「コマセカゴの窓を極力絞って、タナを3~4回往復して探れる程度に調整してください。

ウイリー仕掛けの動きにメリハリをつけるコツは、仕掛けの張りを保つことです。

竿をシャクって、竿先を下げながらリールのハンドルを半回転~1回転させて道糸を巻き取る、これを繰り返して指示ダナの範囲を探ります。

シャクったあとのポーズは2~8秒ほどを目安にして、食いがいいシャクリのパターンを見つけてください」

釣行の写真

喜久丸は船長が釣り方を教えてくれるからビギナーも安心。

釣り船予約サイト「釣割」のスタッフがオススメする釣り船はこちら!

喜久丸に乗船してみたい方はこちら!

【 相模湾(神奈川県)ブリ船】人気ランキング

【 相模湾(神奈川県)ブリ船】価格ランキング

【隔週刊つり情報(2019年11月15日号)※無断複製・転載禁止】

船での沖釣りを中心に季節の釣り情報が満載!

隔週刊誌 つり情報

つり情報は、毎月1日と15日に発売されている隔週刊誌です。
旬の沖釣りをメインにあらゆるシーンの情報が掲載されており、初心者から経験者まで楽しめる内容でお届けしています。
釣り場や釣り船からのレポートは臨場感たっぷり!沖釣りアングラーには欠かせない釣り情報誌です。

公式HP・SNSをチェックしよう

  • つり情報公式HPへ
  • つり情報公式Facebookへ
  • つり情報公式Youtubeへ
  • つり情報公式twitterへ

公式youtubeチャンネルでは、
誌面連動動画いつでも観れます!

最新号はこちら!

「つり情報 12月15日号 No.1039」
12月1日(水)発売

つり情報 最新号はこちら

定価650円

巻頭特集
師走の泳がせ

ヒラメ

◎教えて福ちゃん!横流しのツボ

イカブリ

◎掛かりを高めるエサ付け考察

ライト青物五目

◎気軽に楽しめる泳がせニュースタイル

第2特集
アタリを出させる仕掛けの工夫
南房のシマアジ攻略
第3特集
釣れる!引く!だれでも釣れる青物
相模湾のイナダ五目

最新号はお近くの書店または釣具店でお買い求め下さい。

オトクな定期購読情報はこちら

オトクな定期購読情報はこちら

定期購読

電子書籍でも今すぐチェック

  • App Storeからつり情報公式アプリをダウンロード
  • amazon kindleでつり情報をチェック
  • dマガジンでつり情報をチェック
  • 楽天マガジンでつり情報をチェック

船釣り」カテゴリの人気記事

釣果情報・釣行記」カテゴリの人気記事

隔週刊つり情報」カテゴリの人気記事

人気記事