PR

釣割

会員登録(無料)

ログイン

【青物のツボ~ライト五目編~】流行間違いなし!ライト落とし込み

隔週刊つり情報編集部

主に千葉~相模湾の沿岸で、アジやイサキを中心に、マダイやイシダイ、サバやイナダなど、季節によって様ざまな魚を釣ることができるコマセ釣りが「ライト五目」。

場所によっては「ライトウイリー五目」とも呼ばれ、オモリ40号ほどで近場の水深20~50mを狙う気軽な釣りとして根強い人気を持つ。

そのライト五目で、数年前より秋を中心にジワリと人気が高まっているのが「落とし込み」。

落とし込みは西日本で人気の高い釣りで、サビキ仕掛けにアジやイワシを食わせたらそのまま落とし込んでブリ、マダイ、ヒラメなど、大型魚に食わせる釣り方で、「手っ取り早くてよく釣れる」のが特長だ。

話を関東のライト五目に戻すと、しばしば、アジなどがナニモノかに奪われることがある。

「うば食い」とも言われるが、この犯人は青物、タイ類、ヒラメなどの底物など様ざま。

なかでもイナダ~ワラサ、ショゴ(カンパチの若魚)が回遊してくる秋は、うば食いが頻発する季節。
 
そこで「落とし込み」が登場する。

釣行の写真

ライトタックルで手軽に生きエサ釣りの興奮を味わえる

釣行の写真

アジを食わせたらそのまま落としてゆっくり巻いて誘うと・・・ドギューン!

ライト落とし込みサビキをライトタックルにセットするだけ!

仕掛けは「落とし込み(あるいは食わせ)サビキ」を使うのだが、本場のガチ仕様は全長3m以上、ハリス14号前後とスパルタン。
 
そこで出番となるのが「ライト落とし込みサビキ」。

仕様を列記すると、

・全長180cm

・4本バリ

・幹糸&ハリスは8号前後

・ハリはアジ7号前後

今回取材した内房保田の村井丸のほか、個人的に相模湾などで使ってみて、宣伝や忖度抜きでよく釣れると感じている仕掛けがハヤブサの「ライトタックル落し込み」。

村井丸では幹・ハリス8号を推奨している。

ハヤブサ(Hayabusa) 船極喰わせサビキ ライトタックル 落し込み ケイムラ&ホロフラッシュ4本 SS428 8-10-10

ハヤブサ(Hayabusa) 船極喰わせサビキ ライトタックル 落し込み ケイムラ&ホロフラッシュ4本 SS428 8-10-10

最安値価格
¥303(Yahoo!)

Amazonへ ¥451

楽天市場へ 取扱なし

Yahoo!へ ¥303

セットアップは簡単。道糸の先のスナップに、

・サニーカゴA

・食わせサビキ仕掛け

・オモリ40号(船の指定号数)

の順で付けるだけ。

なお、今回取材した内房保田の村井丸と東丸(季節により出船)ではライト落とし込み歓迎、金谷の光進丸のアジ船でも確認すればOKだ。

基本的にライト五目船は船で定めているオモリと道糸の号数を守って、周りに迷惑をかけない範囲で楽しむ分には非常に寛容。

とはいえ、落とし込みサビキをやる際は、船長に確認をとるようにしよう。

釣り具の写真

このセットを3組用意すれば万全。食いがいい日はハリス10号でもアジはバリ食いだ

サニー商事(SANY) サニーカゴ A

サニー商事(SANY) サニーカゴ A

最安値価格
¥652(楽天市場)

Amazonへ ¥705

楽天市場へ ¥652

Yahoo!へ ¥652

景山 六角 1kg詰パック 40号

景山 六角 1kg詰パック 40号

最安値価格
¥1,078(amazon)

Amazonへ ¥1,078

楽天市場へ ¥1,078

Yahoo!へ ¥1,078

見て楽しく、手に強烈!楽しくないワケがない

釣り方も簡単。

まずはライト五目同様、アジを釣るところからスタートする(数字は図に連動)。

①指示ダナまで仕掛けを下ろしたら、

②リールのハンドルを巻きながら1シャクリして止める。

③アタリがなければ②を2~3回。

縦に長いサビキ仕掛けは広くタナを探れるため、意外に簡単にアジが食ってくる。

④アジが食いつくと、竿先がブルブルと震える。ここで30秒ほど追い食いを待って、食いつけば吉、食い付かねば、そのまま落とし込む。

⑤仕掛けを海底へ落とし、オモリを離して、ゆ~っくりリールを巻いていく。

海底ではヒラメ、宙層では青物がアジを追う。「落とし込み」とは呼ぶものの、水深の半分ほど、または海面直下で青物が食ってくることもあるので、幅広く探るのがコツ。

⑥アジが激しく暴れなければ、海面まで誘い上げ、落とし直し、再び⑤へ。このときコマセは入れなくていい。

⑦アジが激しく暴れたらそこで止める※注=これはアタリではないので合わせないこと!

ここで間髪入れずに「ズゴーン!」と食い込むこともあるが、なかなか食い込まないこともある。そんなときは、

⑧アジが下へ逃げようとする→上層に捕食者?→少しだけ仕掛けを上げる。

⑨アジが上へ逃げようとする→下に捕食者?→少しだけ落とし込む。
 
⑧は竿先がガクガク引き込まれ、⑨はフワッと持ち上がる。絶対ではないが、このときの読みがまた楽しい。

そして、アジが食われると竿が海面へと引き込まれる。

⑩これ以上引き込まれたらまずい!と思う所まで待っていかせてから、竿をグイーッと起こす。これが合わせ。

釣行の写真

全長2m以内のライト落とし込み仕掛けなら、竿を持ち上げるだけでタモ入れ可能

さて、食ってきたのはショゴかイナダか、それともヒラメか?

いずれにせよ、ライトタックルで受け止めるその引きは鮮烈で、興奮する。

遠征の大物釣りを知っていても、その面白さにハマるだろう。

なお、道糸はPE1.5号でもハリス8号に耐えられるが、2号がおすすめ。

なぜなら、海面直下の突っ走りで船底にこすれるケースが結構あるためだ。

とはいえ、口を尖らせてタックルバランスやラインの強度、ヤリトリについて語るのは、この釣りには無粋。

ライトタックルの先に、ひょいっとカゴと仕掛けとオモリを付けて、食え、食った!バレた!釣れた!君もやってみる?なんて、みんなで一喜一憂するのが正しい。

そして必ず「こんな面白い釣りがあったのか!」と思うはず。

食物連鎖を鮮烈に体感できる落とし込みは、だれもが持っている遊び心、童心のツボに、すっぽりとハマるのだ。

ライト落とし込み、流行間違いなし!と言わせていただきます。

魚の写真

ショゴとイナダ、アジ、サバ。これぞ秋の海の恵み

釣り船予約サイト「釣割」のスタッフがオススメする釣り船はこちら!

【内房(千葉県)ブリ船】人気ランキング

【内房(千葉県)ブリ船】価格ランキング

【隔週刊つり情報(2020年10月15日号)※無断複製・転載禁止】

船での沖釣りを中心に季節の釣り情報が満載!

隔週刊誌 つり情報

つり情報は、毎月1日と15日に発売されている隔週刊誌です。
旬の沖釣りをメインにあらゆるシーンの情報が掲載されており、初心者から経験者まで楽しめる内容でお届けしています。
釣り場や釣り船からのレポートは臨場感たっぷり!沖釣りアングラーには欠かせない釣り情報誌です。

公式HP・SNSをチェックしよう

  • つり情報公式HPへ
  • つり情報公式Facebookへ
  • つり情報公式Youtubeへ
  • つり情報公式twitterへ

公式youtubeチャンネルでは、
誌面連動動画いつでも観れます!

最新号はこちら!

「つり情報 2月1日号 No.1042」
1月15日(土)発売

つり情報 最新号はこちら

定価650円

巻頭特集
初釣り 虎の巻
  • マダイ
  • アマダイ
  • ヒラメ
  • マコガレイ
  • タチウオ
第2特集
鈴木孝がシンプル解説!
冬のマルイカ講座
第3特集
今こそ見直す面白さ
テンヤスミイカ

最新号はお近くの書店または釣具店でお買い求め下さい。

オトクな定期購読情報はこちら

オトクな定期購読情報はこちら

定期購読

電子書籍でも今すぐチェック

  • App Storeからつり情報公式アプリをダウンロード
  • amazon kindleでつり情報をチェック
  • dマガジンでつり情報をチェック
  • 楽天マガジンでつり情報をチェック

船釣り」カテゴリの人気記事

落とし込み」カテゴリの人気記事

釣り方」カテゴリの人気記事

隔週刊つり情報」カテゴリの人気記事

人気記事